火除稲荷社

御祭神 保食命(うけもちのみこと)
例大祭 三月六日

境内には火除稲荷社(三島神社の地主神)が鎮座されています。昔、徳川氏が上野山内の火難方位除けのために勧請したと伝えられており、古くは「ミサキ稲荷社」と称していました。後に、この地が火除地と定められ、その際、火除稲荷と改称されましたが、その創建年代等、詳しくはわかっていません。

今日では、火難除け、商売繁盛、家内安全、防災、安全の神様として敬われています。

img03